康を維持する為に医療と薬に関する人材を育成

健康を維持する為に医療と薬に関する人材を育成する必要があります

私達の健康を維持する為には、医療と薬が何よりも欠かせない物だと言えます。
その医療と薬を支えるには、それを扱う事が出来る人材が必要になります。

 

医療分野は医療に関する知識や経験がない人でないと関わる事が出来ませんから、医療に詳しい人材が必要になります。
その医療や薬に詳しい人材を、今から育成しておかなければいけないと思います。

 

なぜならこれから医療や薬を扱う人材が、人手不足になる恐れがあるからです。
私たちの国民は医療が進歩して食生活が豊かになった事により、平均寿命が延びて来ています。

 

つまり長生きなさる人が増えて来ていると言う事です。
長生きなさる方が増える事は喜ばしい事なのですが、手放しで喜んでばかりはいられないのです。ピル副作用

 

一般的に人と言うのは年を取ると、病気になり易くなってしまいます。
また若い時には自分の力だけで出来ていたことが、誰かの力を借りなければできなくなる事も多くなります。

 

そうなると医療機関を訪れる機会が増えると言う事になります。
医療と言うのは人手を多く必要としますので、医療機関を訪れるお年寄りが増えると言う事は、
それに比例して医療関係者の人材も増やしていかなければいけないのです。

 

また更に我が国ではお年寄りだけでなく、医療機関を訪れる人が増える傾向にあるのです。
飽食の時代と言われ食べたいものを食べたいだけ食べられるようになった事と、自動車やエレベーターなどの輸送機械が増えたことによる運動不足になる人が増えたことにより、生活習慣病にかかる人が増えて来ています。

 

つまり我が国ではお年寄りだけでなく、若くして生活習慣病にかかってしまった人も、医療機関を訪れるのです。
ですからますます医療機関では、人材不足が深刻化しそうなのです。

 

医師、看護師、薬剤師などの医療従事者は、一朝一夕で育成する事は難しいと言えます。
ですから医療機関の人材不足が深刻化する前に、今の内から医療従事者を育成する必要があるのです。

 

もし自国民だけで育成が難しいのなら、外国人に日本に来てもらって、医療従事者を育成すると言う手もあります。
医療機関は現在でも人手不足が叫ばれていますから、事は一刻を争うと言え、
早急に医療従事者を増やす努力が必要だと言えます。

今は何事もなく過ごしていますが、5〜15歳くらいまで「てんかん発作」があった私は
「デパケンシロップ」という薬を朝と夜の食後に必ず飲んでいました。

 

これはピンク色をしていて、かき氷のいちごシロップに似ています。
普段家で服薬している時は家族も知っているので何も聞かれませんが、学校で宿泊行事があったりすると持って行って服用していたので、友達に「美味しそう。甘い?」と聞かれる度に私は「美味しくないよ」と答えていました。

 

小さい頃から処方されていた薬で、飲みやすさを考慮されていたのか確かに甘めのものでした。でもその後味が口の中に残った状態で、フルーツなどを食べるとその味が分からなくなっていたので当時は嫌いだったんです。ed治療薬バイアグラ

 

また、1年に1回発作の経過をみるため受けていた脳波の検査。
私は中学の途中まで睡眠薬を飲んでから受けていたのですが、看護師さんにそれを「みかんジュースだよ」と言われて渡せれたのを「ジュースじゃない!美味しくない!」と思って飲むまでにものすごく時間がかかっていました。

 

この検査が夏だったのと、ほかの検査も2つあったため、夏休みは通院がたくさんで頭の中に「夏休み=検査」というのが植えつけられました。
検査自体は私が寝ている間に終わっているので問題ないですが、意識が戻ってからが大変。

 

動こうと思っていても体が思うように動かず、酔っぱらった人のようになっていて
まだ飲酒したこともない年齢で、「大きくなってお酒を飲んだら、私はこうなるかもしれない」と思ったくらいです。

 

てんかん発作が落ち着いてきたのは、15歳。
主治医に「薬を減らしていこう」と言われました。もちろん、それを聞いた私は大喜び。

 

それから徐々に量を減らしていき、計量カップに入れられているのが目盛り「1」のところに来た時の私の反応が「これは薬飲むうちに入るか?」でした。
ほんのちょっとの量だったので、入っているのか分からなかったです。

 

それが無くなっても、念のため検査は受けていましたが今度は睡眠薬がない普通の状態で受けました。
そうしてみたところ体もきちんと動き元気でした。ed治療薬レビトラ

 

薬が無くなってから思ったこと。
「いくら朝と夜だけだったとはいえ、薬がなくてこんなに楽になったのか」ということでした。学生の間の苦しみで終わってよかったです。

 

個人差はありますが、高齢者になると手足が若い人に比べて不自由になってきます。肉体は加齢すればするほど衰えていきますので、
それはしかたのないことです。そうして、手足が不自由になってくると、転倒してケガをすることが多くなってきます。

 

若い人ならばそもそも躓くということがあまりありませんし、仮に躓いたとしても手を突いて転倒するのを防いだり、
体を上手く動かしてダメージを最小限に抑えたりできます。

 

しかし、高齢者になるとそうした俊敏な動きはなかなかできませんので、一度躓いてしまえばどうしても骨折などのケガをするリスクが高くなってしまいます。

 

そうして健康を害してしまったら、頼りになる医療機関は整形外科です。
整形外科ならばケガに対して万能な対処をしてくれますし、きちんと治るように処置してくれますから、
もしもケガをしてしまったらすぐに整形外科へと駆け込むべきです。バイアグラ効果

 

ケガの程度によっては痛みを抑える薬を処方されたりもしますので、とても役立ってくれます。
ただ、もともと体のケガというのは自然治癒力に頼る部分が大きく、整形外科と言えどもすぐにパッと治せるような医療は存在していません。

 

よく若い人はたとえ骨折をしてもすぐにくっつくから治りが早いと言いますが、それは若い人が成長期にあるからです。
その点、高齢者になるともう成長することは見込めませんので、必然的に治りが遅くなってしまうのです。

 

ですから、高齢者がケガをしてしまったら、なるべくそのケガを生活の負担にさせないような医療が必要になってきます。
具体的にはきちんと患部を固定したり、しっかりと包帯を巻いたり、湿布を貼ったりなどです。

 

これらは治すというよりも体の負担を減らすための医療ですが、それが整形外科においては適切な医療となります。
体をケガしてしまうと日常生活の些細な部分がすべて不自由に感じてしまいますので、なるべくそう感じさせないための医療が必要になってきます。レビトラジェネリック

 

それが高齢者にはとても大きな手助けとなりますので、整形外科の医療はとても役立っており、
高齢者の健康を陰ながらしっかりと支えているのです。

私はよくあるアレルギー体質です。春には花粉症、夏にはアトピー、主に衣替えのシーズンや普段は鼻の
アレルギー症状(くしゃみ・鼻水・鼻づまりなど)が強くなります。

 

昔は眼や鼻や皮ふなどの科に別々にかからなくてはなりませんでしたが、今やアレルギー科という便利な科があるので利用しない手はありません。もちろん同じアレルギー科といっても先生によって専門は違うので、自分の症状にふさわしいところがいいと思います。

 

私はなるだけ、先生ともいい関係でいたいといつも思っているので、当たり前かもしれませんが、先生の立場(語弊があるかな・・)
に立った受診を心がけています。

 

例えば、耳鼻科受診の場合、診察室に入る前に帽子やピアスやマスクをとって準備し、言いたいこと困っていることは簡潔に用意し、
お薬手帳持参などは今や私の中では常識になりつつあります。更年期障害の薬

 

もちろん、風邪やインフルエンザなど猶予がない場合には、気にしないで頂きたいです。
具体的に私のアレルギーのコントロールの仕方ですが、アトピーや手湿疹やあかぎれなどの皮ふ科系ではアンフラベート0.05%クリーム
というものを患部に塗り、さらに保湿クリームも必要に応じて塗布します。

 

また、耳鼻科系では、点鼻薬のナゾネックスというものを常用しています。
また、花粉症時やハウスダスト等の鼻アレルギー症状が強いときには、オロバタジン5mgというものを1錠寝る前に飲みます。

 

ですので、これを頂いておけば色んなときに効果があり、変な言い方ですが重宝しています。
また、眼科系では、アレジオン0.05%という点眼薬をひどいときには使っています。

 

眼も乾きやすい傾向があるので、ティアバランスという潤してくれる点眼薬も常用しています。
診察室でのやり取りや雰囲気は薬剤師さんにも伝わるものです。薬局での薬剤師さんとのいい関係は、その症状を実によく和らげてくれる癒しの言葉をかけて頂くものなので、先生には聞きたかったけど聞けなかったこと等も聞いてしまいます。

 

いろいろと、辛いこともありますが、受診行動ひとつとってもいい学びになることがあります。病気を通じて、日頃のメッセージを受け取るからです。アレルギーともうまくお付き合いして、明るい日々になりますように・・。

 

 

健康意識の高まりによって、サプリメントも様々なメーカーから販売されていて、広告などでも多くのサプリメントを見かける機会が多いです。
そして、実際にサプリメントを愛用している方や、手放せない方も多いかもしれません。

 

サプリメントの場合、薬とは異なり活用して直接的な治療の効果はありません。病気を治したり、症状無くす事はできません。
美肌、アンチエイジングなどへと導いてくれる補助的な栄養素であっても、実際に美肌になれたと実感できる人もいるかもしれませんが、
実感できない事も多々あります。

 

また、最近は薬事法の規制により、広告の表現では効能などの記述に対して厳しく制限されています。
そのため、曖昧な表現ですが効果があるような印象を与える文言が多くなっています。

 

また、健康志向が強い方や、健康オタクのような方の場合、サプリメントに依存しすぎている方もいます。
本来、サプリメントは食事で不足してしまう、足りていない栄養素を補うものです。

 

しかし、日ごろの食事バランスなどはめちゃくちゃでありながら、サプリメントをいくつも摂取している方もいます。
体を作るのは、基本は食事、運動、規則正しい生活リズムと休息が大切です。前立腺肥大治療

 

仕事帰りのストレス発散で暴飲暴食、お酒の量も多め、帰宅は深夜、昼頃起きてだるいために体を動かす事もなく自宅でゴロゴロ・・という一日を過ごしていたらどうでしょうか?
このような日が多い方がサプリメントを飲んだところで、サプリメントの効果はあるのかどうか疑問です。

 

何もしないよりは、少しは体のためになるからと言ってはサプリメントを飲んでいる方もいるので、
サプリメントが精神的な安心材料になってしまっているようです。

 

食事は、バランスの良い物を1日3食しっかりと食べる事が大切です。一日3食の食事でもどうしても不足しがちな栄養素がありますし、体に留めておけない栄養素は毎日取り続ける必要があるため、補助としてサプリメントを活用するべきです。

 

口から入る基本ってきなものは食事であり、サプリメントは+αです。
サプリメントで健康になろうとせず、少々栄養をプラスするという感覚で活用しましょう。